ほくろを除去して綺麗な肌になろう【見た目も美しく仕上げられる】

サイトメニュー

治療を行なう医療機関

顔に触れる女性

皮膚科か美容外科か

ほくろの除去治療を行なっている医療機関は皮膚科と美容外科の2種類があり、受診する医療機関によってそれぞれメリットや違いがあります。まず、2つの共通項としては、治療方法はどちらもほぼ同じということです。除去方法は主にほくろ部分を切り取って縫合する切除縫合術か、レーザー治療で細胞を削り取ったり色素を薄くしたりする治療が用いられます。皮膚科でも美容外科でもこれらの治療方法を取り扱っている病院が多いため、受診する医療機関で治療法は変わることはほぼありません。どちらの科を受けるかによって変わるのは、それぞれの担当分野によるところが大きいです。皮膚科であれば細胞の状態を見て、悪性腫瘍などの可能性を判別することに長けています。一方美容外科の場合、美容面への配慮が行き届いているため、顔のほくろを取る場合に見た目にマイナスになる変化がないかを考えて治療を行ないます。もちろん皮膚科でも痕が残らないよう最低限の配慮はありますが、悪性のものだった際は治療が最優先となります。その代わり、悪性のものやそうでなくとも生活に支障が出る可能性のあるほくろに関しては保険が適用になる場合があります。ほくろ部分から度々出血があったり、今後肥大化していったりするおそれのあるものは保険が適用されることが多く、それ以外のものは自費となります。料金はサイズで決めていることが多いので、皮膚科と美容外科をいくつかまわって納得のいく機関で除去するといいでしょう。ほくろの除去方法の中で、炭酸ガスレーザー治療を選択する人は多くいます。レーザー治療はメスで切除する外科手術に比べて体への負担も少なく痕が残る可能性が低いため人気が高いのですが、中でも炭酸ガスレーザー治療は細胞を削り取るものなので根までしっかり取り除けます。炭酸ガスレーザー治療が向いているのは、大きさが6ミリ以上で皮膚から盛り上がったような形のほくろです。色素部分に炭酸ガスレーザーを照射し、蒸発させることでほくろを削り取っていきます。皮膚の状態を見ながら色素が消えるまで何度か照射していくような形です。施術自体に痛みはあまり感じず、出血もありませんので、メスを入れるのに抵抗があるという人にはぴったりの除去方法です。特に入院などの必要もなくその日のうちに帰宅でき、アフターフォローとしては照射部分に薬をぬったり保護用のシールを貼ったりするなど簡単なものを行ないます。施術直後はやけどしたような赤い痕が施術部分にあらわれることがありますが、数週間すれば消えてしまうような軽い痕です。必要であれば赤くなった部分に塗る用の薬も別で処方されることもあります。このように、炭酸ガスレーザー治療は手軽に受けられ、出血もなく、体への負担も少なく済むという、利点を持った治療方法なのです。