ほくろを除去して綺麗な肌になろう【見た目も美しく仕上げられる】

サイトメニュー

素肌で顔美人になる

看護師

悩みのない顔肌をめざす

ほくろ除去をしたいけれど、大がかりな手術や痛いことはやりたくない方には、最新の炭酸ガスレーザーでのほくろ除去がおすすめです。炭酸ガスレーザーの特徴は、切らなくていい、ほとんど出血しない、治療時間が短時間でできる、ということです。炭酸ガスのレーザーは、ほくろや盛り上がったシミなど、黒くなった取り除きたい部分の組織だけを、一瞬のうちに取り除くことができます。ほくろの周りの普通の皮膚への熱の損傷が比較的少なく、血液も瞬間的に固まるため、ほとんど出血することなく取り除くことができます。レーザーを当てる前には、麻酔をして痛みを和らげてもらうことができます。ほくろによっては、1回だけで取り除くことができないような、大きくて深いものもあります。そのような場合はさらに数回、完全に色素がなくなるまでレーザー照射をする場合もあります。ほくろ除去の治療の後は、かさぶたができますが、数日から1週間位で剥がれ落ちて、きれいな肌に生まれ変わります。かさぶたは肌色のテープで保護をすれば目立つ心配もありません。大きさによっては皮膚が再生されていくまで数ヶ月かかる場合もありますが、日が経つと皮膚表面がほぼ平らになっていきます。レーザーでの除去自体は数分で終わるので、日帰りで気軽にできます。取り除いてしまいたいほくろは、ひとつだけ大きなものがある場合や、広範囲にわたってある場合など、人によって様々です。まずは美容外科や皮膚科に相談してみるのがいいでしょう。ほくろはしみと違って薬を塗って改善というわけにはいかないことが多いです。今までは手術によってメスを使って切除したり、凍結したりする方法がありましたが、最先端の技術である、メスを使わずにきれいに仕上がる炭酸ガスレーザーでのほくろ除去がおすすめです。自費の治療になりますが、価格は2ミリ以下ならば5000円前後が相場です。除去したい範囲と価格などを相談の上、範囲や治療期間や費用を相談してみましょう。はじめてほくろ除去をする方は、除去した後のかさぶたのケアまでしっかりと説明やケアをしてくれるクリニックを探すことをおすすめします。せっかくほくろを除去しても皮膚が炎症をおこしてしまわないように軟膏を塗ったりするケアがとても大切になります。また、深いほくろの場合、再発することもあるので、ほくろが再発した場合にも再度治療してくれるか確認をしてみましょう。その場合の料金も無料か追加料金がかかるのか、事前にチェックをしておきましょう。確実にほくろ除去が成功するように、しっかりとしたカウンセリングとアフターケアがあり、最新設備が整ったクリニックを選ぶことがポイントです。