ほくろを除去して綺麗な肌になろう【見た目も美しく仕上げられる】

サイトメニュー

形状とサイズ

水着姿の女性

3つの施術方法

ほくろの除去に用いられる施術方法は切除縫合、くり抜き法、レーザー治療の3種類あり、ほくろの種類によって使い分けられます。切除縫合は外科手術で、ほくろ細胞を切り取って周りの皮膚を引っ張り合わせ縫合するというものです。この施術は盛り上がっていたりサイズが大きかったりするものでも対応でき、深く根が張っていても取り除けるため再発のおそれがほぼありません。ただし周辺の皮膚を引っ張って縫うので、顔など形が変わってしまうおそれのある場所には適さないとされています。次にくり抜き法ですが、メスや専用の円形の器具を使用してくり抜く手術です。6ミリ以下の小さなほくろによく用いられるのですが、文字通り皮膚をくり抜くので根が深いものだと手術後に穴が開いたような痕が残る可能性があります。今は3つ目のレーザー治療が普及してきているため、くり抜き法はあまり使われなくなりました。レーザー治療は炭酸ガスレーザー治療とQスイッチレーザー治療の2種類があり、形状やサイズによって使い分けられます。炭酸ガスレーザー治療は盛り上がった形状のものに用いられ、色素部分の細胞を蒸発させて削り取って除去する治療です。一方Qスイッチレーザー治療は平坦な形状のものに用いられ、色素を薄くして目立たなくする効果があります。ほくろを除去したいと考えた時、治療を行なえる医療機関は皮膚科か美容整形外科になります。どの医療機関を選択するかによって、除去にかかる費用が変わったり施術の方法が変わったりすることがあります。ほくろはまれに悪性の腫瘍であることもあり、人体への影響を考えるのであれば皮膚科で診察を受けるのが安心です。が、顔など人目に触れるような場所のほくろを除去したいとなったら、手術後の見た目も美しく仕上げられる美容整形外科を選択するほうがよいかもしれません。除去は必ず手術をしなければならないわけでもなく、切ること自体に抵抗がある人にはレーザー治療がおすすめですが、サイズによって施術料金が変わります。何ミリいくら、といった値段設定をしているところが多く、手術のほうが安くおさまる場合もあります。予算が決められている人はあらかじめ医師に金額を相談すると、何種類かの施術方法を紹介してくれるでしょう。レーザー治療であれば出血もなく、痕が残る可能性も低くなります。体への負担も軽減でき、痛みもほとんど感じずに治療することが可能です。初めて除去治療に踏み出す人はいくつかの病院を候補に挙げ、口コミの確認やカウンセリングをして比較してからどこにするか選ぶのが無難です。

顔に触れる女性

皮膚科と美容整形外科

ほくろ除去治療を申し込む際、受け付けている医療機関は皮膚科と美容整形外科の2種類があります。それぞれに強みがあり、どちらでも同じような治療が受けられるため好きなほうを選択できます。治療費は保険が適用になるかどうかは診断次第となります。

顔に触れる女性

治療を行なう医療機関

ほくろの除去を取り扱う医療機関は皮膚科と美容外科の2種類あります。皮膚科は皮膚の病気を見極めることに長けていますし、美容外科ならば見た目への配慮が行き届いています。どちらでも同じ治療を受けられ、中でも炭酸ガスレーザー治療の人気が高いです。

看護師

素肌で顔美人になる

ほくろ除去は、メスを使わない炭酸ガスレーザーでの除去がおすすめです。日帰りで数分で終わるので、気軽に、安全にできるのが特徴です。施術後のアフターケアをしっかりとしてくれるクリニックを探してみましょう。

水着姿の女性

綺麗に治す為に

ほくろを除去した後は出来るだけ病院の指示に従い、さらに紫外線対策を行うことで傷を残りにくく出来ます。費用はその患部の状態や施術法によっても変わりますが、どの治療も効果的にきれいに治せると高く評価されています。